マンションの購入


マンションに住む

マンションは、多くの住人がひとつの建物で暮らす共同体です。もちろん、住居スペース

は区切られていますが、エントランスホール、ポスト、エレベーター、廊下、駐車場など

は、共同での使用なので、不特定多数の人々が出入りできる建物です。

こうした共有スペースの使い方は人それそれなので、入居者各人の個性がぶつかる場に

なりがちです。特にゴミ置き場は、きちんと分別する人、分別をしない(適当)人の

攻防戦が繰り広げられる場でもあります。このようなトラブルは、住人のモラルの問題

なのですが、生活様式や家族構成、職業、趣味、考え方などの違いは入居者数が多いほど

比例して大きくなります。つまり、マンションで暮らす場合は、特に調和が必要であると

肝に命じておいたほうがよいでしょう。



分譲マンション

分譲マンションには、青田売りと完成販売というふたつの販売方式があります。

青田売りとは、完成前のマンションをカタログやモデルルームだけで販売する方式です。

完成販売とは、その名の通り実際に完成している物件を販売する方式です。完成販売は、

中小の建設会社に多い販売方式でしたが、販売期間が短くなってしまうため、近年では、

青田売りが主流になっています。青田売りは販売期間を長く取って売れ残りを防ぐという

役割があるのはもちろんのことですが、買い主のライフスタイルに合わせて間取りを変更

することができます。

売れ残りが購入契約数を越えるような物件は、販売価格の値引き、家具やエアコンを付け

ての販売、禁止だったペット飼育を可能になることもあります。しかし、メンテナンスや

セキュリティーが心配なことと、ペット可の物件は、転売する際に著しく価格が低下する

ことは否めません。



家の購入情報(家を購入する前に...)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28036294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。