一戸建て住宅の購入(建てる)


土地の重要性

一戸建て住宅を購入する場合は、建売であれ、注文住宅であれ土地は不可欠です。

家の外観や内装は直せますが、土地は変えられません。この土地こそ、建物よりも選定が

難しく、住宅購入の最重要ポイントです。

購入を決める際に、広さや価格は大きな用件ですが、そういうものばかりに目が行き、

土地の状態や履歴は軽く見られてしまいがちです。一戸建て住宅に限らず、住宅の要は

家を支える基礎と、その基礎を支える土地の両方なのです。いくら建物の見栄えがよく

ても、ため池や用水路を埋め立てたような軟弱な土地では、家と家族をしっかりと支えて

もらえません。将来の長い年月にわたって安心して暮らせるような満足のいく土地を選び

ましょう。



メンテナンスとセキュリティー

一戸建て住宅は、マンションよりもメンテナンスに手間がかかります。マンションの場合

は、管理費などの費用から専門の業者がメンテナンスを行いますが、一戸建て住宅では、

日常のメンテナンスは住人が行います。専門業者に依頼しなければならないものは、

メンテナンスも費用も、もちろん自己負担です。また、植栽なども含め、それ相応の費用

がかかることを考えておかなければなりません。

マンションでは、防犯システムが完備されているものが多いですが、一戸建て住宅の場合

は、住人が自己負担で警備会社と契約したりと、自らセキュリティー対策を講じなければ

なりません。こうしたメンテナンスやセキュリティー面の違いが、マンション派と一戸建

て住宅派に分かれる大きなポイントにもなっています。



家の購入情報(家を購入する前に...)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27879008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。