マンションと一戸建て住宅


家を購入する際にまず迷ってしまうのが、マンションにするか一戸建て住宅にするかと

いうことではないでしょうか。ここでの選択は、後々の生活に大きく影響していくこと

なので、くれぐれも、思いつきや何のなくといったいい加減な気持ちで決めずに、

きっちりと決断したいものです。

マンションと一戸建て住宅の違い

まず、見た目で分かるように、建物の大きさが違います。

マンションは住宅の集合体(集合住宅)なので、複数階の大きな建物となります。また、

構造的にはコンクリートで造られた強固な建築物です。これに対して一戸建て住宅は、

単独の住居で構造的には木造が主になります。

しかし、本当の違いはそこで暮らす人々のライフスタイルです。

マンションを選ぶ人は、比較的若い世代が中心になっています。鍵ひとつで安心を

得られるといった合理的な面も人気の要因のひとつで、高齢者の人気も高まってきてい

ます。逆に一戸建て住宅を購入する人たちの中には、若い人達も増えてきてはいますが、

やはり、中心は中高年の安定した生活を送っている世代です。都市部の雑踏の中よりも、

落ち着いた環境でゆとりのある郊外型住宅が人気です。そして、なによりも一戸建て

住宅は、土地も自分のものになることが最大の違いです。

決断のポイント

家の購入は、そこに住む自分と家族が住宅に何を求めているかをよく見極めてうえで、

「マンション」と「一戸建て住宅」のそれぞれの特徴を納得いくまでよく調べること

です。自分と家族にとってどちらが長く住みやすいかを考えて見ましょう。



家の購入情報(家を購入する前に...)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27813939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。