ツーバイフォー工法


木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)

木造枠組壁構法は建築構造の木構造の構法の一つで、工法としては、枠組壁工法とも

呼ばれ、一般的には英語名によって、2×4工法(ツーバイフォー工法)と呼ばれる

ことが多いです。

北米においては、木造建築の一般的な工法ですが、日本では主として住宅の工法として

知られています。主要な部分が、2インチ×4インチサイズをはじめとする規格品の

構造用製材(ディメンションランバー)で構成されることから名付けられました。

規格化された建材は、工場での大量加工により加工費の節減が可能となります。また、

継手、仕口などの複雑な加工が不要であるため、加工および現場作業に高度な技術を

要しないので、人件費および工期の削減が図れます。

デメリットは、壁が構造上重要な位置を占めるため、窓や扉等の開口部を拡大したり、

増設したりするような大規模なリフォームはできないことです。

エスバイエルの住宅は?より引用



家の購入情報(家を購入する前に...)


この記事へのコメント
TBありがとう。
参考になりそうなので購読させていただきます。
頑張って継続してください。
Posted by ハマさん at 2006年10月29日 23:18
TBありがとうございます。
とっても、勉強になりそうです。
実は、事務員なんで、家のコトはよくわかりません。
もっと、勉強しなくてわ!!

どーぞ、よろしくお願いします。
Posted by エイダイ at 2006年10月30日 09:54
コメントを頂きましてありがとうございます。

建物にはメリットをデメリットがありますよね。
建てるときに、長期的なスパンでのお考えを聞かない所も多いですよね。

長期計画を聴いた上でプランニングをしないといけませんよね。
Posted by リア・ライブ at 2006年10月30日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26421199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。