在来工法


木造軸組構法(在来工法)

木造軸組構法は建築構造の木構造の構法の一で、日本で古くから発達してきた構法です。

今日では在来工法と呼ばれることが多いです。

日本の在来工法が、柱と梁で支える構造であるのに対し、北米で主流の木造枠組壁構法

(ツーバイフォー工法)は格子状に組まれた木材からなる壁や床で支えるという大きな

ちがいがあります。ツーバイフォー工法が規格化された建材により、工場での大量加工で

加工費の節減が可能となるのに対し、在来工法は、継手・仕口などの複雑な加工が必要に

なるため、加工および現場作業に高度な技術を要し、人件費および工期がかかります。

ツーバイフォー工法と異なり、壁が構造上重要な位置を占めないため、窓や扉等の

開口部を拡大したり、増設したりするような大規模なリフォームができるという

メリットもあります。

エスバイエルの住宅は?より引用



家の購入情報(家を購入する前に...)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。