家の購入マニュアル

究極の住まい購入マニュアル−誰も知らない欠陥住宅・耐震偽装マンション識別法

家の購入予定の方は必ず読んでおいてください!

欠陥住宅・耐震偽装マンションは簡単に見分けることができます...

▼あなたも欠陥住宅や耐震偽装マンションを購入するのですか?
 建物が手抜きがないかどうかのチェックリスクを、書いた物は多数あります。
 チェック項目が多すぎては、なかなかわかりにくいのではないでしょうか?
 しかしどうしてそのような手抜きが行われるのか、書いた物はありません。
 欠陥となるには、必ずある共通の要因があります。
 共通の要因を知ることにより、欠陥のある住まいを購入する確率は激減します。

▼不動産・建設業界は不透明な部分が多すぎます!
 家の購入をすることは一生に一度の大きな買い物です。
 ここで失敗するとその後の人生計画がすべて狂ってしまいます。
 最悪の場合残るのは借金のみという悲劇な方もいらっしゃいます。
 家を購入される方に、日本ではあまりに情報が少なすぎます。
 まず実態を正確に把握する必要があります。

▼書店では決して手に入れることのできない情報です!
 評論家の書いたレポートではありません。
 マンション・住宅において実際に現場監督、営業を経験してきたものにしか
 解らない情報です。
 あらゆる建物に携わってきた私の情報をご提供することにより、
 欠陥住宅・耐震偽装マンションに遭遇さえる方が少しでも少なくなればと思い
 書き上げてみました。
 1人でも多く満足の行く家の購入をしていただきたいものです。

家の購入を検討されている方は、家を購入する前にこちらまで...

マンションの購入


マンションに住む

マンションは、多くの住人がひとつの建物で暮らす共同体です。もちろん、住居スペース

は区切られていますが、エントランスホール、ポスト、エレベーター、廊下、駐車場など

は、共同での使用なので、不特定多数の人々が出入りできる建物です。

こうした共有スペースの使い方は人それそれなので、入居者各人の個性がぶつかる場に

なりがちです。特にゴミ置き場は、きちんと分別する人、分別をしない(適当)人の

攻防戦が繰り広げられる場でもあります。このようなトラブルは、住人のモラルの問題

なのですが、生活様式や家族構成、職業、趣味、考え方などの違いは入居者数が多いほど

比例して大きくなります。つまり、マンションで暮らす場合は、特に調和が必要であると

肝に命じておいたほうがよいでしょう。



分譲マンション

分譲マンションには、青田売りと完成販売というふたつの販売方式があります。

青田売りとは、完成前のマンションをカタログやモデルルームだけで販売する方式です。

完成販売とは、その名の通り実際に完成している物件を販売する方式です。完成販売は、

中小の建設会社に多い販売方式でしたが、販売期間が短くなってしまうため、近年では、

青田売りが主流になっています。青田売りは販売期間を長く取って売れ残りを防ぐという

役割があるのはもちろんのことですが、買い主のライフスタイルに合わせて間取りを変更

することができます。

売れ残りが購入契約数を越えるような物件は、販売価格の値引き、家具やエアコンを付け

ての販売、禁止だったペット飼育を可能になることもあります。しかし、メンテナンスや

セキュリティーが心配なことと、ペット可の物件は、転売する際に著しく価格が低下する

ことは否めません。



家の購入情報(家を購入する前に...)


一戸建て住宅の購入(建てる)


土地の重要性

一戸建て住宅を購入する場合は、建売であれ、注文住宅であれ土地は不可欠です。

家の外観や内装は直せますが、土地は変えられません。この土地こそ、建物よりも選定が

難しく、住宅購入の最重要ポイントです。

購入を決める際に、広さや価格は大きな用件ですが、そういうものばかりに目が行き、

土地の状態や履歴は軽く見られてしまいがちです。一戸建て住宅に限らず、住宅の要は

家を支える基礎と、その基礎を支える土地の両方なのです。いくら建物の見栄えがよく

ても、ため池や用水路を埋め立てたような軟弱な土地では、家と家族をしっかりと支えて

もらえません。将来の長い年月にわたって安心して暮らせるような満足のいく土地を選び

ましょう。



メンテナンスとセキュリティー

一戸建て住宅は、マンションよりもメンテナンスに手間がかかります。マンションの場合

は、管理費などの費用から専門の業者がメンテナンスを行いますが、一戸建て住宅では、

日常のメンテナンスは住人が行います。専門業者に依頼しなければならないものは、

メンテナンスも費用も、もちろん自己負担です。また、植栽なども含め、それ相応の費用

がかかることを考えておかなければなりません。

マンションでは、防犯システムが完備されているものが多いですが、一戸建て住宅の場合

は、住人が自己負担で警備会社と契約したりと、自らセキュリティー対策を講じなければ

なりません。こうしたメンテナンスやセキュリティー面の違いが、マンション派と一戸建

て住宅派に分かれる大きなポイントにもなっています。



家の購入情報(家を購入する前に...)


マンションと一戸建て住宅


家を購入する際にまず迷ってしまうのが、マンションにするか一戸建て住宅にするかと

いうことではないでしょうか。ここでの選択は、後々の生活に大きく影響していくこと

なので、くれぐれも、思いつきや何のなくといったいい加減な気持ちで決めずに、

きっちりと決断したいものです。

マンションと一戸建て住宅の違い

まず、見た目で分かるように、建物の大きさが違います。

マンションは住宅の集合体(集合住宅)なので、複数階の大きな建物となります。また、

構造的にはコンクリートで造られた強固な建築物です。これに対して一戸建て住宅は、

単独の住居で構造的には木造が主になります。

しかし、本当の違いはそこで暮らす人々のライフスタイルです。

マンションを選ぶ人は、比較的若い世代が中心になっています。鍵ひとつで安心を

得られるといった合理的な面も人気の要因のひとつで、高齢者の人気も高まってきてい

ます。逆に一戸建て住宅を購入する人たちの中には、若い人達も増えてきてはいますが、

やはり、中心は中高年の安定した生活を送っている世代です。都市部の雑踏の中よりも、

落ち着いた環境でゆとりのある郊外型住宅が人気です。そして、なによりも一戸建て

住宅は、土地も自分のものになることが最大の違いです。

決断のポイント

家の購入は、そこに住む自分と家族が住宅に何を求めているかをよく見極めてうえで、

「マンション」と「一戸建て住宅」のそれぞれの特徴を納得いくまでよく調べること

です。自分と家族にとってどちらが長く住みやすいかを考えて見ましょう。



家の購入情報(家を購入する前に...)


ツーバイフォー工法


木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)

木造枠組壁構法は建築構造の木構造の構法の一つで、工法としては、枠組壁工法とも

呼ばれ、一般的には英語名によって、2×4工法(ツーバイフォー工法)と呼ばれる

ことが多いです。

北米においては、木造建築の一般的な工法ですが、日本では主として住宅の工法として

知られています。主要な部分が、2インチ×4インチサイズをはじめとする規格品の

構造用製材(ディメンションランバー)で構成されることから名付けられました。

規格化された建材は、工場での大量加工により加工費の節減が可能となります。また、

継手、仕口などの複雑な加工が不要であるため、加工および現場作業に高度な技術を

要しないので、人件費および工期の削減が図れます。

デメリットは、壁が構造上重要な位置を占めるため、窓や扉等の開口部を拡大したり、

増設したりするような大規模なリフォームはできないことです。

エスバイエルの住宅は?より引用



家の購入情報(家を購入する前に...)


在来工法


木造軸組構法(在来工法)

木造軸組構法は建築構造の木構造の構法の一で、日本で古くから発達してきた構法です。

今日では在来工法と呼ばれることが多いです。

日本の在来工法が、柱と梁で支える構造であるのに対し、北米で主流の木造枠組壁構法

(ツーバイフォー工法)は格子状に組まれた木材からなる壁や床で支えるという大きな

ちがいがあります。ツーバイフォー工法が規格化された建材により、工場での大量加工で

加工費の節減が可能となるのに対し、在来工法は、継手・仕口などの複雑な加工が必要に

なるため、加工および現場作業に高度な技術を要し、人件費および工期がかかります。

ツーバイフォー工法と異なり、壁が構造上重要な位置を占めないため、窓や扉等の

開口部を拡大したり、増設したりするような大規模なリフォームができるという

メリットもあります。

エスバイエルの住宅は?より引用



家の購入情報(家を購入する前に...)


一戸建住宅の構造


□木造住宅

 建築の構造の一つで、主要な骨組の部材に木材を用いる構造の住宅です。

 構造形式はおもに架構式で、次のような工法があります。

 ・木造軸組構法(在来工法)

 ・日本の伝統的な架構式構法。

 ・木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)

 ・北米から輸入された構法。

 ・木造パネル構法

 ・丸太組構法

 ・ログハウス

□プレハブ住宅

 プレハブ工法(工場などで部材をあらかじめつくり、それを現場で組み立てる工法)で

 建てられた住宅がプレハブ住宅です。

□鉄骨住宅

 鉄骨住宅は、軽量鉄骨と重量鉄骨の2種類に分けられます。

 軽量鉄骨は、鉄骨の厚さが4mm以下のものを使用したもので、住宅メーカに多い住宅

 です。重量鉄骨は、ビルなどの工法と同じやりかたのものです。

□鉄筋コンクリート住宅

 外壁がすべてコンクリート造、コンクリートブロック造などになっている住宅です。

エスバイエルの住宅は?より引用



家の購入情報(家を購入する前に...)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。